2010年04月10日

四半世紀の道標、機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオン独立戦争記+攻略指令書

現状で最もセーブ容量を浪費しているタイトルが、PS2のメモリーカード一枚に16セーブ可能な機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオン独立戦争記+攻略指令書です。セーブデータを整理しようとするも、前回稼動から一年以上空いて状況をほぼ忘却しているので少し起動してみることにしました。

ギレンの野望シリーズは、ガンダム舞台の戦略シミュレーションです。セガサターン版(1998)、PS版(2000)、PS2版(2002)の順に異なるシステムで初出となり、PS版の系統がドリームキャスト(2000)、PSP(2005,2008,2009)、PS2(2009)で展開されています。

ジオン独立戦争記は、PS2タイトルで2002年5月の発売、攻略指令書はデータ集で2003年2月の発売です。2005年2月に「GUNDAM THE BEST」としてジオン独立戦争記+攻略指令書のセットで再販になりました。

「GUNDAM THE BEST」はガンダム25周年に絡めてPS2のガンダムタイトル7本を一斉発売した再販ブランドです。関連するモビルスーツの頭部を二色刷りで統一したパッケージデザインは洗練されています。PS本家のソフトウェアカタログでタイトル名(1検索を「GUNDAM THE BEST」で掛けると7種のパッケージを一覧できます。

(1 追記です。なぜかパッケージ画像が削除されています。さらに巷でサイトの脆弱性を指摘されており、念のためリンクを外しました(2011-05-08)。画像検索可能な一般の検索エンジンで代替、閲覧できます。

ジオン独立戦争記+攻略指令書の絵柄は赤色使いのジオングヘッドで洒落(しゃれ)も利いています。2005年11月にPS2本体とほぼ同時購入したタイトル3本中の1本でしたが、単体定価で揃えると7140円+3990円ですので再販価格3990円は大きな後押しとなりました。



2010年04月19日

重力は何を曳いたか、ギレンの野望 ジオン独立戦争記+攻略指令書

ギレンの野望シリーズはシステムが少し異なる三種類の系統に分かれますが、基本はワールドマップと局地エリアの切り替え式で、陣営の運営と戦闘を采配する戦略SLG(シミュレーションゲーム)です。局地エリアに進攻すると攻略戦に入り、兵器単位の個別ユニットを操作する戦術級の戦闘となります。

SS(セガサターン)でシリーズ初作となった機動戦士ガンダム ギレンの野望ではワールドマップも戦術級の戦闘域ですが、PSで次作となった機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜ではワールドマップ全体を局地エリアに分割することで、戦闘を攻略戦の形式に一本化しています。最近のシリーズはジオンの系譜(PS)のシステムを踏襲しています。

稼動歴は所有のギレンの野望(SS)が最初です。兵器は重要拠点ごとに生産されるため、ワールドマップ戦闘域で勢力圏を維持する必要があります。個人的には戦略SLGに手慣れているつもりなので、難易度はやや甘めに感じましたが、総評ではガンダムの一年戦争を題材にした真っ当な戦略SLGという認識です。

後発のジオンの系譜(PS)は非所有ですが当時、知人が試しにゲーム機ごと貸してくれたため、多少稼動できました。全体の局地エリア化により戦闘の負担は増え、前作のような部隊展開の醍醐味は淡白になりました。

舞台設定はZガンダム付近まで組み込まれ、イベント的だった外交がシステム扱いとなるなど多少の戦略性と規模が拡充しましたが、ゲームバランスを含めて仕上がりにやや粗がある印象です。

ジオン独立戦争記(PS2)は、新たに軍団制を採用するなど全体的に戦略要素が拡充しました。戦闘は重要拠点の攻略戦のみに整理され、軍団単位で各種戦法(委任)を指定するのみの戦略級としても進行できます。戦法(委任)指定を一部の軍団に留めれば、同じ攻略戦内で従来の戦術級との混用になります。

陣営の運営に絡んだ戦略性も無視できなくなる一方で、敵軍の思考ルーチンは以前より進化した感も無く、見た範囲では勢力争いの高度化に追随できていません。結果的に敵軍との応酬ではなく自軍の采配を微妙に制限するシステムが、ゲームバランスを取る形です。

元々ガンダム史実に沿ってイベントを選択すると士官が減るうえに、陣営の運営で戦術級式の采配に終始すると大抵は士官の忠誠心が下がり、限度を超えると幾分かは自軍を離脱し反乱軍となります。

システム上は、保有戦力だけでなく投入戦力も削がれます。局地エリアへの進軍は移動の際に1経路1軍団で専有され、移動時間も掛かるため実質的に短期物量戦が封じられています。

裁量制限は、陣営の運営や難易度によっては終盤付近の敵軍への圧倒を減じる可能性がありますが、戦術級としての攻略戦で見れば、本来は攻略戦マップの地形の工夫や思考ルーチンでの対処が本筋です。当然というべきか、独裁的な運営と比べて窮屈感があるため表面上の評判は芳しくありません。

他にはガンダムファンの裾野の広さも輪を掛けてしまったのか、演出面での不満が根強いようです。射的場のような3Dグラフィックの戦闘シーンや、舞台設定が一年戦争に限定されて省かれた部分などは同意するところもありますが、進展に転じれば格段と豪華になる芽があったものを、風評で先行きを潰すような情勢に落ち着いています。

家庭用ゲーム機向けでは戦略級の戦闘は多くない中で、戦略SLGとしての出来は悪くはありません。陣営などを変えて周回しだすと戦術級と戦略級の戦闘が併存するシステムは負担が減って重宝します。

続編のアクシズの脅威シリーズでは、設定だけでも長大になるネオ・ジオンあたりまで組み込まれました。陣営が増え複雑に絡むため、本来なら戦略級のシステムが活躍したと思いますが、流石に面倒感が先立つ旧システム系統の戦術級とは皮肉なものです。

2010年05月04日

戦場の手引き、ジオン独立戦争記(+攻略指令書)

システムの概要を記しておきます。大項目は情報、軍事、生産、開発、政策、作戦に分類され、陣営の運営は旧作と異なるコスト制になったため、大方の采配でコマンドコストが必要です。

ターン毎の資金収入に税率を掛けた額が予算となりコストポイントに換算されます。政策で各大項目に予めポイント配分しておく形式のため、過不足の融通はできず持ち越しもできません。配分変更にはコストが掛かりますので、場当たり的な運営は不利になります。基本的に一括で大規模な采配を執ることは難しくなっています。

コストポイントは大抵の場合で不足気味になりますが、外交を優位にすると資金資源提供やコスト支援、研究協力が得られます。資源以外は全てコスト軽減に絡むため外交の存在意義が増しています。

その他には、通常よりコスト負担が有利な各種の部下提案が出ます。提案は項目に応じて多数並びますが、内容はターン毎に変わります。活用次第で運営に差がつくため、提案数という意味では戦力外の士官にも存在意義があります。

軍事行動は旧作と異なる軍団制となり、進軍などが全て軍団単位でまとめられます。戦術級戦闘のみ士官単位で操作できます。上限数は12軍団で、階級が少佐以上の軍団長1名に士官9名まで所属できますが、軍団長が不在の場合に士官は所属できません。

軍団長の階級によって最大で30部隊から不在時の10部隊まで兵器を配備可能です。兵器の特性には戦略移動とステルス性能が新設され、配備された兵器によって軍団特性の機動性、隠密性に影響が出ます。

軍事行動の内容は大項目の作戦で設定しますが、項目内にある特別提案の採用が前提となります。攻略の場合はイベントで発案された敵エリアにのみ進攻可能で、事前に攻略作戦を発動しておく必要があります。作戦案で期間と侵攻ルート、攻撃策を指定します。

侵攻ルートの移動距離は選択時にのみ確認できます。移動ターン数は軍団の機動性が関係しますが、派兵軍団の指定は別項目なので複数軍団の敵地同着を狙う場合は要注意です。

作戦実行フェイズで敵地に到着すると侵攻ルートの種別や本数、軍団の機動性や隠密性に応じた策略が提示されます。主として自軍や敵軍全体へ性能補正を掛ける内容です。作戦案で指定している攻撃策は、作戦実行フェイズの度に繰り返して策略設定が可能です。

人物の特性に忠誠、策略が新設されましたが、策略設定には軍団所属の各士官の策略値が反映される策略ポイントを消費します。軍団長は交戦能力が劣っても策士であれば有用になります。

策略と同時に軍団ごとの戦法を指定しますが、指示なら手動、各種の委任なら自動で戦闘が進みます。全派兵軍団に委任系の指定をするとヘックス式の戦闘マップに入らず全体マップで戦況を見るだけになります。

策略が実行され戦闘に入ると専用カウントで連続7ターン固定となるため、戦法の変更や軍団の戦地への出入はできません。撤退は策略扱いですが実行は交戦後になりペナルティも受けます。戦況が傾くには充分なターン数であり、派兵システムを考えると継戦的な増援が機能し難いため、軍団単位で見れば勝利か惨敗かの決戦方式といえます。

陣営の戦力損耗を抑えるには、断続的になる波状進攻よりは一次派兵の一波で突破が基本ですが、大軍派兵は抑制されているので、戦略戦術の腕前に比重が掛かります。戦術級戦闘なら、索敵、補給、ミノフスキー粒子の散布辺りの展開方針は鍵になります。大項目の情報で敵兵器の調査を怠ると苦戦は必至です。

その他をまとめると操作性は旧作に戻れない程に改善していますが、洗練というには今一歩という感想です。内容を網羅したリファレンスかヘルプが大抵の画面から呼び出せる配慮がありますが、まとまりが良くありません。

全体の印象としては、システム表記を含めて采配に係わりそうな部分で不明瞭感があり熟練の小慣れた出来には感じませんが、総合的に考えると方向のみなら地味に良好というところです。一般的な見方には当てはまらないかもしれません。

2010年05月09日

発令の栞(しおり)、(ジオン独立戦争記+)攻略指令書

攻略指令書の主な内容を記しておきます。単なる資料的データも入っていますが、本命は各種セーブデータとその設定機能です。攻略指令書からセーブデータをメモリーカードに保存しておき、ジオン独立戦争記本編でロードして使います。

本編の難易度設定は7つまで把握していますが、攻略指令書ではスペシャルデータ集として、本編の程度を外れる難易度の初心者用易化5本と上級者用難化3本の新規開始用セーブデータが収録されています。完全クリアのコンプリートデータを読み込むと、開放式のデータや設定が全て開きます。

本編には初期設定や敵陣構成が異なる各種シナリオにオリジナル軍で参戦する「オリジナル編」がありますが、攻略指令書では「オリジナル編 ver.2」に拡張されました。シナリオは既存のフリーシナリオ、三つ巴戦など13本に興味深い6本を追加して、新機能を適用可能です。

オリジナル軍では開始時の兵器と士官を編成できます。採用兵器は単体で倉庫に入る初期追加戦力で最大30部隊です。士官を登用しなければ総大将単独の行軍となります。クリアは全拠点制覇でその他は通常通りです。

総大将は既存士官からの選択以外に、オリジナル作成が可能です。総大将の作成では、能力値の割振りが可能で兵器適正は全区分でA適正となります。

本編の「オリジナル編」では、既定の士官リストから30名まで登用できますが、攻略指令書の「オリジナル編 ver.2」では、登用人数は50名に増加し、総大将の作成と同様にオリジナルの士官を9名まで作成可能です。

さらに既存士官を含めて、最大で階級は中将まで、ランクはA-600まで底上げする機能が加わりました。最強士官を作成するとランクA-600で7項目の能力値は各19ですが、IFポイントを29044消費します。既存、作成共に総大将は無条件でランクA-600です。因みに本編では作成した総大将のみ、ランクにIFレベルの数値が適用されます。

シナリオ選択や各種の編成にはクリア度に応じたIFレベルから換算するIFポイントを使用します。攻略指令書ではIFレベルの表示は「MAX」となり、個別にIFポイントが設定されます。

「オリジナル編 ver.2」のIFポイントは15万ですが、「ガンダムパズル」のクリア特典で20万保有となります。本編では裏技を使うと軍編成のIFポイント消費を無効にできますが、各種の選択リストはIFレベルに応じた開放式です。

士官のオリジナル作成機能を利用して本編通常シナリオを始める「メイキングキャラクター参戦」では、作成士官が9名まで参戦できます。IFポイントは10万保有です。

「ガンダムパズル」は切り分けが正方形のジグソーパズルですが下絵は動画です。完成画はヘルプから閲覧できます。画面の流れが手掛かりになりますが、時間制限があるのでピースの一括、加速操作を駆使して何回か繰り返さないと難しいかもしれません。

セーブは無く電源リセットで初期状態に戻ります。通し9面構成ですが、ゲームオーバー面とクリア面は再挑戦できます。全クリア後に特典が画面表示されます。内容を少し書くと、モード選択時に主要な某ボタン一つを同時押しです。

総評としては、本編の評価が肯定的なら攻略指令書は必携ですが、本編を含めて煮え切らない感覚もあります。

シナリオ設定によっては選択不可の士官が多く出ます。オリジナル作成では容姿は汎用数種と全既存士官から選択可能です。譲れない場合は元グラフィックを使って偽者で代用する手もありますが、オリジナル編では敵士官離反が使えて、引き抜きではない辺りが象徴的です。

IF方式による制限なども方法論ではなく、プレイスタイル管理の様な空気感が先立つ辺りが見限られていく本質という気がします。

一転して個人の域になれば素材は活かし様次第でもあるので、遊びに乗るという意味で試しに超凄絶難易度を設定してみます。シナリオは一般兵器のみ生産可能な「敵のモビルスーツを奪え!」を選択します。

総大将はオリジナルにして能力値を全ゼロ、兵器士官配属なし、選択できる最高難易度Infinityのジオンタイプで覚悟を決めます。諜報部命令の敵兵器奪取に望みを掛けるしかありませんが、戦艦すら無配備で孤軍、絶望的です。容姿のグラフィックは当然あの人で決まりでしょう。グフフ。

2010年05月23日

独攻のメモ、ジオン独立戦争記+攻略指令書

冒頭の口蹄疫関連の記述は移転して別記事にまとめました。

さて、リアルでゴップ級やエルラン級では冗談では無い状況ですが、多少自前でシステムを調べたので結果をまとめておきます。手元分のデータを取り敢えず仮書きするため、内容は変動することがあります。

難易度毎の初期設定

オリジナル編シナリオ

シナリオ未使用本拠地

キャリフォルニア、ニューヤーク、マドラス、ベルファスト

ニューヤークとベルファストは生産200で資源が地上拠点で最貧

オリジナル編 ver.2の士官作成

各能力値7項目の割振り上限15、ランクアップEからAで+4 、最大19、使用IFポイント29044

ランクアップ

ポイント 0 50 100 300 600 999
ランク E D C B A S

ランクアップすると忠誠を除く能力値7つ全てで基本的に+1 士官によっては能力値項目に上限あり

遭遇例は、アスの魅力3、ゴップの格闘0,反応1、ナカトの魅力1

一部の士官は特定の能力値がランクアップで+2(仮)

遭遇例は、クリスチーナの射撃、アムロの射撃、格闘、反応

撃墜スコア

交戦 部隊撃破 パイロット撃破
5 +10x(部隊数) +0 +5 +10 +15 +20 +25
ランク E D C B A S

非対象部隊に見掛け上の撃破ポイントが付く不具合に遭遇、さらに交戦部隊の場合は交戦ポイント無効にも遭遇

場合によって違うので部隊識別の不具合と思われる

不具合の頻度は低い

忠誠心

内容 変動
負傷 -5
反論無視 -5
軍団解散(団長) -12
軍団解散(団員) -5
軍団長解任 -10
暴動(全士官一律) -3
特別休暇(団長) +3x3ターン
特別休暇(団員) +1x3ターン
昇格 +5
軍団長に任命 +10
乗機の改良 +1
戦法選択(指示) -3
戦法選択(委任) +3
イベント提案反対 -10

部隊数

軍団長階級 大将 中将 少将 大佐 中佐 少佐 未配属
部隊数上限 30 27 24 21 18 15 10

総軍団数は12なので大将x5と中将x7で運用部隊数339が最大、総大将と階級上げで中将を作成するため攻略指令書のみ対応、シナリオはフリーシナリオ、宿命の戦い、強敵!ホワイトベース

同条件なら保有部隊数は、倉庫100、生産ライン20を加えて459部隊が最大

通常初期の運用部隊数は300以下で保有部隊数上限は400前後付近

将官リスト

連邦 ジオン
大将 レビル、ゴップ ギレン、(ハマーン)
中将 エルラン、ティアンム、ワイアット、コリニー ドズル
少将 コーウェン キシリア、コンスコン、ギニアス、ユーリ、ビッター、ハスラー

軍団の策略ポイント

(団長の策略値)x5+(団員の策略値合計)

戦略移動と索敵性能

独攻のメモ〜戦略移動と索敵性能表、ジオン独立戦争記+攻略指令書

索敵範囲 0 1 2 3 4
センサー D C B A S

数字は自部隊位置を距離0とした索敵範囲

センサー「D」は自力での索敵は不可、交戦にて索敵成功する場合あり

兵器の特殊性能

独攻のメモ〜兵器の特殊性能表、ジオン独立戦争記+攻略指令書

兵器搭載、補給、ミノフスキー粒子散布、大気圏突入機能は、記事内別項「戦略移動と索敵性能」の別表に記載

脱出機体とMAP兵器

兵器適正てすと

士官の能力値とNT能力

独攻のメモ〜士官の能力値諸表、ジオン独立戦争記+攻略指令書

士官の能力値は20が上限、大半の士官は兵器搭乗時の限界性能換算で180%手前に届かず能力値が飽和

原作に沿った極一部の士官がランクに応じてNT(ニュータイプ)状態となるが、別段の明示無し

NT加算を含めても限界性能換算で仕様上200%超にはならず

加算が常時か条件付かは断定保留、Sランクのシャア(NT)搭乗ザクIIC型/CA(限界性能解除)では加算分の確認取れず

サイコ=コミュニケーター搭載機のMAP兵器はNT状態の士官搭乗時のみ使用可

兵器の限界性能

士官の搭乗で兵器性能が上昇、兵器の限界性能で主に攻撃回数の追加上限を既定、限界性能の上限は200%

兵器の限界性能解除は限界性能を200%に引き上げる事と同義

余談ながら兵器の改良と士官搭乗、その他補正等で部分性能に限り通常の3倍程度は可能と推定

独攻のメモ〜高限界兵器と優良格闘兵器諸表、ジオン独立戦争記+攻略指令書

士官搭乗による攻撃回数増加

兵器の攻撃回数は士官の能力値に連動、能力値からの攻撃回数増加率の計算は射撃x4、格闘x5で矛盾は出ず

NT士官毎に異なるNTの到達段階は上限5まで、射撃の能力値に加算

実態として格闘は増加分がやや出難く発動しても大半が1回増加で抑制、他の補正が掛かる印象だが詳細は不明、一見整合する格闘x4は反例確認で否定

ゲーム内の明示データと実例で推定するなら反応の能力値がやや追加的条件、反応10付近が格闘1回増加の境界

以上ネット上の攻略用計算式を取っ掛かりにして各種実態の確認等を実施、謝意と共に無名の退役司令官共を偲び、芭蕉「夏草や …」(以下略)

独攻のメモ〜士官搭乗時の攻撃回数表、ジオン独立戦争記+攻略指令書

士官専用兵器

独攻のメモ〜士官専用兵器表、ジオン独立戦争記+攻略指令書

一部の士官用に専用機が配備、士官による搭乗制限は皆無

専用機は原型機と比べて概ね限界性能が低下し運動性は上昇、武装固定、一部兵器では耐久性の上昇、武装の強化等

対応士官の搭乗で限界性能が解除

過渡的、部分的に対応士官の能力値が限界性能を下回る場合が存在

対応士官の搭乗で策略追加

別段の明示が無い専用機仕様の兵器を確認、遭遇例は下表参照

限界性能 専用機仕様兵器 対応士官
150% アレックスFA アムロ

2010年05月29日

独攻のメモ〜難易度表、ジオン独立戦争記+攻略指令書

冒頭の口蹄疫関連の記述は移転して別記事にまとめました。

さて、以降は独攻のメモ〜難易度表です。メモ本編と同様に内容は変動するかもしれません。

ジオン独立戦争記初期
自軍 敵軍
難易度 Easy Normal Hard
連邦 ジオン 連邦 ジオン
初期資源 30000 3000 不明
資源基礎 +2000 3000 6000 5000 +2000
予算基礎 +5000 15000 20000 18000 +4000
技術 1 2
支持率 100
総部隊数 186 142 202 147 -2(連)
士官数 47 75 46 75
士官ランク
ジオン独立戦争記開放
敵軍
難易度 Very Hard Special Ultimate Infinity
初期資源
資源基礎 +3000 +4000 +6000 +8000
予算基礎 +6000 +8000 +10000 +15000
技術 +1 +2 +3.5
支持率 (自軍-20) (自軍-30) (自軍-40)
総部隊数 -2(連)
士官数
士官ランク
攻略指令書
敵軍
難易度 高難度 超難度 激難度
初期資源
資源基礎 +8000
予算基礎 +15000
技術 +3.5 +6 +10
支持率 (自軍-40)
総部隊数
士官数 +1 +4 +7
士官ランク A-600 S-999

高難度は自軍陣営に応じてガンキャノン2かゲルググキャノン1隊を自軍側に差し替え配備

超難度は自軍陣営に応じてガンキャノン2、プロトガンダムか、ゲルググキャノン、ケンプファー各1隊を自軍側に差し替え配備

激難度は自軍陣営に応じてガンキャノン2、プロトガンダム、FAガンダムか、ゲルググイェーガー、ギャンクリーガー、ケンプファー各1隊を自軍側に差し替え配備

攻略指令書
自軍
難易度 超簡単 簡単 NT部隊 兵器1 兵器2
初期資源 +100000 +50000
資源基礎 +2000
予算基礎 +10000 +5000
技術 +5 +3
支持率
総部隊数 +14 +36 +3
士官数 +4 +5
士官ランク A-600 B-300

NT部隊要員は自軍陣営に応じてテム・レイ(非NT)、シロッコ、カミーユ、フォウか、ハマーン、強化人間x4が配属

兵器1は自軍陣営に応じてジム系かザク系フルセット1隊ずつ配備、資源回収すると約28000と約44000

兵器2は自軍陣営に応じてアレックスかケンプファーを3隊配備、資源回収すると30000と約17000

2010年06月01日

独攻のメモ〜シナリオ、ジオン独立戦争記+攻略指令書

冒頭の口蹄疫関連の記述は移転して別記事にまとめました。

さて、独攻のメモ〜シナリオです。メモ本編と同様に内容は変動するかもしれません。政策、開発関係の初期値はシナリオによって設定が異なることもあって変化が付けられています。

オリジナル編シナリオ
シナリオ 本拠地 内容
フリーシナリオ 選択 敵軍2陣営の大将指定、IFレベルで各種の選択制限あり
地球圏血に染めて グラナダ 対レビル軍ギレン軍
戦場は荒野 ペキン 対レビル軍ギレン軍
反撃! トリプル・A オデッサ 対レビル軍ギレン軍
激闘は憎しみ深く ソロモン 対レビル軍ギレン軍、50ターンから
大きな防衛線 キリマンジャロ 対レビル軍ギレン軍、60ターンから
光る宇宙 ルナツー 対レビル軍ギレン軍、70ターンから
レビル包囲網を破れ! サイド3 対レビル軍、自軍窮地で開始
ジオンの脅威 ジャブロー 対ギレン軍、自軍窮地で開始
宿命の戦い サイド3 対キシリア軍ガルマ軍、80ターンから
復活のジオン トリントン 対デラーズ軍ワイアット軍、80ターンから
恐怖! 高機動エース軍団 ペキン 対ユング軍オグス軍、敵はエース部隊、80ターンから
再開、レビルとギレン ハワイ 対レビル軍ギレン軍、敵は最強部隊、80ターンから
攻略指令書オリジナル編 ver.2、追加シナリオ
シナリオ 本拠地 内容
ガンダム破壊命令 ア・バオア・クー 対テム・レイ軍、敵はガンダム部隊、アムロもいるよ、60ターンから
ジオング破壊命令 ジャブロー 対シャア軍、敵はジオング部隊、60ターンから
強敵!ホワイトベース オデッサ 対ブライト軍、敵は強化ホワイトベース隊、80ターンから
灼熱の開発リーダー ペキン 対ギニアス軍、敵は技術者集団、自軍兵器はジム系かザク系のみ、80ターンから
敵のモビルスーツを奪え! ペキン 対レビル軍ギレン軍、一般兵器のみの生産、他兵器は奪取、70ターンから
全兵器開発せよ ペキン 対レビル軍ギレン軍、全兵器開発可能、配属は作成士官のみ、70ターンから

2011年04月24日

独攻のメモ〜戦略移動と索敵性能表、ジオン独立戦争記+攻略指令書

独攻のメモ〜戦略移動と索敵性能表です。メモ本編と同様に内容は変動するかもしれません。

センサー区分はメモ本編の項目「戦略移動と索敵性能」に記載の索敵性能に対応します。以下の表内では区分「C」以下の表記は省略し単区分扱いとします。

兵器本体からの脱出、分離、合体、変形による派生機体は兵器名を&tきで表記します。派生機体の単独生産は不可です。

艦船等の搭載、補給関連補足

搭載機能は一部を除いた艦船のみ装備、艦船の被搭載は不可

大型MA(モビルアーマー)の被搭載は基本的に不可、下表の場合は可

補給機能は一部の艦船のみ装備、被補給は艦船と大型MAのみ可

ジオングヘッドは被補給不可で、被搭載も基本的に不可、艦船等とその他兵器で区分不能

搭載艦船 被搭載可能大型MA
ドロス級大型空母 大型MA全てとジオングヘッド
ザンジバル級巡洋艦 グラブロ エルメス、ブラウ・ブロ、アッザム
M型潜水母艦
マッドアングラー級
艦船等の戦略移動

戦略移動で自走が必須となる兵器が対象、艦船と一部の場合を除く大型MA(モビルアーマー)が該当

上記対象外でミノフスキー粒子散布機能を持つ兵器を併記、ディッシュ、ルッグン、ホバートラックが該当、兵器名に()付き

大型MAは兵器名に【】付き

「ミノ」はミノフスキー粒子散布機能を示し、数字は自部隊位置を距離0とした散布範囲

搭載、補給、ミノフスキー粒子散布が可能な兵器は下表で網羅

戦略移動 センサー 移動適正 搭載 ミノ 補給
大気圏
突入 離脱
【ブラウ・ブロ、エルメス】
マゼラン級戦艦 2
マゼラン級後期型 4 2
チベ級高速重巡洋艦 4 2
グワジン級大型戦艦 8 2
【アプサラスIII】 2
(ディッシュ、ルッグン) 1
輸送機ミデア 3 2
ファット・アンクル 3 2
ガウ級攻撃空母 3 2
【ヴァル・ヴァロ】
サラミス級巡洋艦 1
サラミス級後期型 3 1
ホワイトベース 6 2
ペガサス級揚陸艦 6 2
ムサイ級軽巡洋艦、同(分離) 3 1
ムサイ級ファルメル、同(分離) 3 1
ザンジバル級巡洋艦 6 2
コムサイ 1
【アプサラス、アプサラスII】 2
ドロス級大型空母 15 2
コロンブス級輸送艦 5
パプア級補給艦 3 1
HLV(着陸後不動) 3
【アッザム】 1
【ビグ・ザム】
戦略移動 センサー 移動適正 搭載 ミノ
ジオングヘッド
戦略移動 センサー 移動適正 搭載 ミノ
【グラブロ】
陸戦艇ギャロップ 3 1
陸戦艇ダブデ 10 2
陸戦艇ビッグトレー 12 2
U型潜水艦 5 1
ユーコン級潜水艦 5 1
M型潜水母艦 8 2
マッドアングラー級 8 2
(ホバートラック) 1
その他兵器の戦略移動

戦略移動区分が「A」以上の兵器かセンサー区分が「B」以上の兵器が対象、加えて大気圏突入可能兵器を併記

戦略移動区分が「B」以下の表記は省略し単区分扱い

指定位置への攻撃が索敵となる兵器あり、範囲索敵と併用可、ザクフリッパー、ザク強行偵察型が該当

戦略移動 センサー 移動適正
ザク強行偵察型
ザメル
ゲルググイェーガー、ゲルググキャノン、ゲルググC型/TC
ギャンキャノン、ギャンC型/TC
サイコミュ試験ザク アッガイ
水中型ガンダム
ガンタンク、ガンダムEz8
ガンキャノン、ガンキャノン重装型、ガンキャノンII
ガンダム高機動型
ビグロ、高機動型ジオング
ドンエスカルゴ バストライナー
サイコミュ試験機、ジオング
Pジオング
ゾック
ザクフリッパー
ゲルググ高機動型、ゲルググB型、ギャン高機動型、ギャンB型、ギャンクリーガー
ザクR2P型/EL、ザクR2型
ドップ/GZ ガトル、ザクレロ
パブリク、ジッコ
セイバーフィッシュ、コアブースター、Gファイター
Gアーマー、ガンダムMA形態、Gスカイ
デプロッグ アレックス
G−3ガンダム
大気圏突入
プロトガンダム、ガンダム=Aガンダム・*、ガンダム/CA

2011年05月08日

独攻のメモ〜兵器の特殊性能表、ジオン独立戦争記+攻略指令書

独攻のメモ〜兵器の特殊性能表です。メモ本編と同様に内容は変動するかもしれません。

兵器搭載、補給、ミノフスキー粒子散布機能、大気圏突入機能は、メモ本編の項目「戦略移動と索敵性能」の別表に記載しています。

兵器本体からの脱出、分離、合体、変形による派生機体は兵器名を&tきで表記します。派生機体の単独生産は不可です。

兵器の特殊性能表

表記の「マップ」はMAP兵器、「サイコ」はサイコ=コミュニケーター、「撹乱膜」はビーム撹乱膜、「フィールド」はIフィールド発生装置

派生状態からの分離合体は項目表記に()付き、分離合体の項目は縦並びで一対

特殊性能 移動適正
撹乱膜 パプリク、ジッコ
サイコ ジオングヘッド
マップ フィールド ビグ・ザム
アッザム、アプサラスII、アプサラスIII ヴァル・ヴァロ
(ザクIIC型・C 核バズーカ)
サイコ サイコミュ試験ザク、サイコミュ試験機、ブラウ・ブロ、エルメス
脱出 Pジオング
ジオング、高機動型ジオング
バストライナー
ガンダム高機動型 ガンタンク
FAガンダム、アレックスFA
ガンダム=Aガンダム/CA
武装変更 プロトガンダム、G−3ガンダム、ガンキャノン
ザクR2型・*、ザクR1A型・*、ザクR型
ザクIIS型・*、ザクIIF型・*、ザクIIC型・*、ザクI・*
武装変更(常変) ケンプファー
陸戦型ガンダム
武装変更 ジム宇宙戦仕様 陸戦型ジム、ジムコマンド
ジム
合体 ザクIIJ型
グフB型
ドダイYS型
(分離) ドダイ+ザクJ型、ドダイ+グフB型
分離 マゼラアタック
(合体) マゼラトップ マゼラベース
分離 ムサイ級ファルメル、ムサイ級巡洋艦
(合体) コムサイ
ファルメル(分離)、ムサイ級(分離)
合体 Gファイター
武装変更 脱出 ガンダム・*
(分離) 変形 Gアーマー
分離 ガンダムMA形態
(合体) Gスカイ Gブル

武装変更は被搭載時に可能、(常変)対象兵器は除く

被搭載時の脱出は不可

分離、合体、変形時の動作

被搭載時の分離、合体、変形は不可

合体はムサイ級関連では隣接位置、その他の兵器では同位置か隣接位置で可能、合体後は選択先へ

分離は小機か空中機が隣接位置へ

分離合体は移動前か移動後で可能、分離合体直後の分離合体と移動は不可

兵器の一方が合体不可状態でも合体可能

変形は変形直後の再変形を含めて移動前で可能、移動直後と分離合体直後の変形は不可

不具合

海側マゼラトップ、隣接する陸側マゼラベースの状況で同陸側に何らかの兵器がスタックしていると、海側マゼラトップ側から合体で兵器選択不能となる不具合に遭遇

陸側が単隊なら合体可能、条件などの詳細は不明

因みに陸側マゼラベースからの合体は不可、合体後のマゼラアタックが移動適性の無い海に配置されるため

その他

ザクIIC型のC武装はイベント提案の賛否に関連して核バズーカ採用となる

サイコ=コミュニケーター搭載機でのMAP兵器使用にはNT(ニュータイプ)状態の士官搭乗が必要

2011年06月04日

独攻のメモ〜脱出機体とMAP兵器諸表、ジオン独立戦争記+攻略指令書

独攻のメモ〜脱出機体とMAP兵器諸表です。メモ本編と同様に内容は変動するかもしれません。

脱出機体

兵器本体からの脱出、分離、合体、変形による派生機体は兵器名に&tきで表記、派生機体は単独生産不可

兵器の脱出機構を使用すると兵器本体は消失し無傷の脱出機体に置き換わる

被搭載時の脱出は不可

FAガンダムから派生するガンダム≠ヘガンダム・*の簡装版で合体と武装変更が未装

脱出機体 兵器本体
移動適正
ジオングヘッド 高機動型ジオング、ジオング、Pジオング
アレックス アレックスFA
ガンダム・* Gアーマー
コアファイター ガンダム=Aガンダム・*、ガンキャノン、ガンタンク、プロトガンダム、ガンダム/CA、G−3ガンダム、ガンダム高機動型
ガンダム FAガンダム
FAガンダム バストライナー
MAP兵器

移動後と応戦でのMAP兵器使用は不可、MAP兵器攻撃への敵の応戦は不可

自部隊位置を距離0

P・Lはプラズマリーダー、A・Lはアッザムリーダー、Mはメガ粒子砲

ザクIIC型のC武装はイベント提案の賛否に関連して核バズーカ採用となる

NT(ニュータイプ)専用の武装は搭乗士官がNT状態の時に使用可、対応士官のランクに関連するが別段の明示は無い

兵器名 武装 着弾可能地点 攻撃範囲
ザクIIC・C 核バズーカ 距離2 着弾地点+周囲距離1
バストライナー 巨大M 直線6方向上、距離5 直線上
アプサラスII
ビグ・ザム
ビグ・ザム 拡散M 距離0 周囲距離1
アプサラスIII
ヴァル・ヴァロ P・L 距離1 着弾地点
アッザム A・L
ジオング NT専用 有線メガ粒子砲 距離2-3
Pジオング
高機動型ジオング 有線Pリーダー
サイコミュ試験ザク 有線M
サイコミュ試験機
ブラウ・ブロ 距離2-4
エルメス ビット 距離2-5

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。