2009年12月27日

ゲーム往く年'09末、亡国編

年の瀬に不快な話というのも無粋ですが取り上げておきます。目先の出来事はリンク先記事の通りですが、さらに調べてみると以前からゲーム内容にも偏りが出ていて、シリーズの出来が悪化していたようです。

製品作りが丸投げ形態で某国下請けの意向が優先された結果ですが、その他にもユーザー側、製作側に入り込み偏狭な主張を他人にまで押し付けるこの手の事例が増えていることは戦慄です。

ブランドや評判を落とす、ゲームバランスが破綻するという実害もさることながら、具体例には気分を害されます。読了は非推奨ですが、ログの用を成すためにキーワードを回避して後方に隔離します。

以前にゲームハードでも同様の出来事があり、過去記事末尾で触れましたが、やはり一事は万事で結果は正直です。

巷で狂作や凶作が目に付くようになれば騒動は避けられません。火種が拡散すればメーカーの企業としての社会的責任が問われ、世間からのゲーム文化への信認にも傷がつきます。

ゲーム離れが起き支持を失えば、後は衰退の一途です。気概のある開発者の苦労や志が踏みにじられ、ユーザーの笑顔や熱気が消え去るような事態は誰も望みません。

隔離記事

キーワード記載を回避するためリンク先は「google」の検索結果です。主にニュース系のブログで某国絡みの記事がヒットすると思います。

  • 先の本文関連では経緯に関して節操のない設定などのネット記事があります。

  • 別のメーカー関連の事例です。上場企業でありながら、内容もそうですが会社の素行にも倫理観の欠如が窺えます。

  • 無用な言い掛かりが付いた事例です。冬季五輪を意識したのかもしれませんがフィギュアファンの動向も参考にすれば、個人的には国内向けには見えません。実は9をモチーフにしたタイトルをチェック中でしたが、どうにも意欲を削がれ断念しました。残念です。

  • 別の事例です。有名対戦格闘のメーカーですが絡まれています。営業上の世界戦略でしょうが他のタイトルでも設定に某国要素を採用することがあり、巷で言われる没落パターンに陥らないか心配です。

対戦格闘では過去に「SNK」がシリーズのブランド力を落として没落したことを思い出します。元々は、某国キャラクターの入った初期タイトルでは、ごく普通に遊ばれていたと思います。

最近になり某国関連だけが問題視される理由は、某国主張を押し付ける事にあります。ゲームの質が下がれば尚の事です。日本産国内向けゲームの趣味嗜好にまで入り込んで来れば、疎外は当然の結果でしょう。

以前と違って某国自体が日本叩きを法制化しているようですし、身の回りでも世間一般でも、また世界各国においても某国絡みで良い話は見聞きしません。内容は気持ち悪いの一言です。

各所で見掛けるコメント内容には特に異論はありません。とにかく関わらない、引き込まないことには納得です。

余談ですが、あまりに頻繁で不自然に某国を取り上げるためテレビはほぼ見なくなりました。いつ見ても場違いに某国の旗を画面に映し込んでいて、気味が悪い事この上なしでした。

ラジオでも不自然な時があります。日本国内で四六時中では某国排斥の意見は静かに増加していくと思われます。国内の出来事は国内の問題ですので関係者はしっかりしてほしいものです。□



タグ:ゲーム 業界
posted by 台場一 at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム全般と私見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

加速する理念なき詐取経営への置き手紙

個人を装った口コミ工作と推認される事例を多く見聞きする様になりました。俗に言う汚い仕事ですが、流行の言葉で言えば「やらせ」や「八百長」です。事実無根で他社や他人を貶(おとし)める、より悪質な遣り口(やりくち)もあります。

要は私腹を肥やすために他人を欺(あざむ)くということです。自作自演、依頼側と請負側、いずれにしても反社会的で品性下劣な訳ですから、排除されるべきであり、遠ざけるに限ります。

忌まわしい状況はテレビゲーム関連業界も例外ではありません。ましてやメーカーが積極的に結託していたとなれば、自らによる業界潰しです。同類の話は以前から積み上がっていましたが、表舞台に溢れ出す域に入りつつあるようです。

泥除けの良い機会ですので、懸念を生じさせる過去記事内の検索キーワードは差し替え、校正と改訂を兼ねて少しずつ当ブログの全記事を点検することにしました。

言い回しの改変は別として内容の消去はせず、見直しは打ち消し線で対処する方針です。検索キャッシュの扱いもあるので、必要に応じて都度毎に過去記事の更新通知を再送します。

全作業完了時には、以下に追記を入れます。全体の構成や諸々の基準を引き直す可能性もあるので、一応の目途を年内秋口に仮置きします。

タグ:ゲーム 業界
posted by 台場一 at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム全般と私見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

善き愛好家に与する宣告と選別の御旗

誰が認(したた)めたのか、「偏(ひとえ)に、人生は長大な暇潰しである」の言に違(たが)わず、儚く虚しい途にあっても、意志と諦観と細(ささ)やかな楽しみで、景色は旭日の様に俄然輝き出します。

今も昔も波上の帆船は優雅に映えますが、紺碧の風に吹かれ絶世の処女として馳せる日本丸の甲板で、痴れ者(しれもの)が焚き火を熾(おこ)し、三文芝居に呆(ほう)けて踊り狂っています。

昨今では優劣はおろか愚昧(ぐまい)と賢明への二極化が甚だ盛んです。理念や道理の真価を理解できずに堕ちぶれ、腐臭が蔓延する畜生の世に恋焦がれる一味になれば、何(いず)れにしても救いはありません。

数年に亘(わた)って公然と大小様々な痴態が噴出していますが、突き詰めれば事の本質は単純な構図へと集約されます。全方位的な劣悪化が漂う時節に、無視絶縁の一本槍では上策たり得ません。

本ブログの主題はゲーム関連であり、足元の題材から斬り込む事は必定です。業界当事者すら加担する際限無き信用毀損(きそん)の渦中に在って、過去記事の数々は色褪せ、重く圧し掛かります。

冷たい怒りは沈黙を包み、導く裁決に酌量はありません。個別の分野に限らず社会規範を嘲(あざけ)る輩(やから)には輩自身を踏み絵として突き付け、深淵の元へと下船して頂かなくてはなりません。

淘汰のためには清濁併せて、書き連ねる必要があります。予断の功罪と事後の首尾は何人も御すること叶わず、時流によっては吉凶翻る事になりますが、大事を先に失ったと思えば未然の今は明快です。

善き愛好の源泉は日向にあり、翳(かげ)ることはありません。木漏れ日は各様ながら向きは同じく、折々の地表に降り注ぎます。

善悪の彼岸にあってもゲーマーの本質は戦術家であり、言葉さざめかずとも急所へ集います。風雅から国勢までの遠望を後ろにして、頭上はためく帆には一条の光が揺れています。

縞を為す旗印は錦にしてこの上なく、目映さを保ちます。時折瞬く、有志一同の銘により。

posted by 台場一 at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム全般と私見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。