2010年10月09日

《Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!2》 軌跡メモ

節目時に差し掛かかるチーム遍歴等をその都度追加します。

そもそもはチーム運営の履歴として時々の対戦パスワードを保存していました。新旧対決で強化具合を量ることもできます。

力試しなら本来はパスワード対戦の出番ですがチーム練度は主体になりません。基本的にパスワードチームの大多数は素材志向が強く、対戦性能はほぼ完成された状態です。絶対的な有力選手は限られていますので、素材頼みの運用では似た様な人選で飽和します。

最も面白いであろう互角の対戦を目指すと自身のチームもほぼ完成させる必要があります。チームの完成は目先の終着点ですし、有力選手の特性を知り尽くす事と併せると、ゲームとしては出涸らしの手前を意味します。

ヒントや事後なら兎も角、事前の攻略情報やセーブ技はゲームを作業化させます。能力値の数字表記を避けたという開発担当者の話をシリーズ発売当時の雑誌で見掛けた覚えがあります。予備知識なしで試行錯誤している段階では文字通り遊びがあって恵まれた状態かもしれません。

今更新規のユーザーもいないでしょうが意義はあると思い、チーム遍歴に合わせて弱小時の対戦パスの掲載を準備していました。

ところが、ある一連の動静で気味が悪くなり白紙に戻しました。出来事自体とは何らの関連もありませんが、個人的な楽しみにまで嫌味な連想がちらつく様になりました。

割り切るかどうか苦悶の末、清廉を取りました。愛着があった自チームは廃団に向かいますが、自身の内にあるチームの健やかな印象は今後も護られることでしょう。

関連の後続記述と末尾の隔離記事は別記事に仮移転しました。

初代チーム(第0期)

初動は、生え抜きとして1名作成できるチームエディット選手を加えて、試しに確か4年目付近まで進めました。

外国籍は扱いが少々違うためチームエディット選手を作り直すことにして、ついでに選手名称と呼称を一致させ、初めからやり直すことにしました。呼称は実況音声で使われるので既定リストから選びます。

初期メンバーは数通りのセットがありランダムで決定される様です。初動と同様のメンバー構成が出てから出直しチームとして再始動しました。

出直しチーム(第1期)

軌跡メモ〜第1期の選手変遷

軌跡メモ〜第1期の戦績と得点ランク等

後継(第2期)、日光エレンシア

第1期チームから日光エレンシアへの移行は『光跡は軌跡を継ぐ』にまとめます。

軌跡メモ〜日光エレンシアの選手変遷

歴代エディット選手


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。