2010年05月09日

発令の栞(しおり)、(ジオン独立戦争記+)攻略指令書

攻略指令書の主な内容を記しておきます。単なる資料的データも入っていますが、本命は各種セーブデータとその設定機能です。攻略指令書からセーブデータをメモリーカードに保存しておき、ジオン独立戦争記本編でロードして使います。

本編の難易度設定は7つまで把握していますが、攻略指令書ではスペシャルデータ集として、本編の程度を外れる難易度の初心者用易化5本と上級者用難化3本の新規開始用セーブデータが収録されています。完全クリアのコンプリートデータを読み込むと、開放式のデータや設定が全て開きます。

本編には初期設定や敵陣構成が異なる各種シナリオにオリジナル軍で参戦する「オリジナル編」がありますが、攻略指令書では「オリジナル編 ver.2」に拡張されました。シナリオは既存のフリーシナリオ、三つ巴戦など13本に興味深い6本を追加して、新機能を適用可能です。

オリジナル軍では開始時の兵器と士官を編成できます。採用兵器は単体で倉庫に入る初期追加戦力で最大30部隊です。士官を登用しなければ総大将単独の行軍となります。クリアは全拠点制覇でその他は通常通りです。

総大将は既存士官からの選択以外に、オリジナル作成が可能です。総大将の作成では、能力値の割振りが可能で兵器適正は全区分でA適正となります。

本編の「オリジナル編」では、既定の士官リストから30名まで登用できますが、攻略指令書の「オリジナル編 ver.2」では、登用人数は50名に増加し、総大将の作成と同様にオリジナルの士官を9名まで作成可能です。

さらに既存士官を含めて、最大で階級は中将まで、ランクはA-600まで底上げする機能が加わりました。最強士官を作成するとランクA-600で7項目の能力値は各19ですが、IFポイントを29044消費します。既存、作成共に総大将は無条件でランクA-600です。因みに本編では作成した総大将のみ、ランクにIFレベルの数値が適用されます。

シナリオ選択や各種の編成にはクリア度に応じたIFレベルから換算するIFポイントを使用します。攻略指令書ではIFレベルの表示は「MAX」となり、個別にIFポイントが設定されます。

「オリジナル編 ver.2」のIFポイントは15万ですが、「ガンダムパズル」のクリア特典で20万保有となります。本編では裏技を使うと軍編成のIFポイント消費を無効にできますが、各種の選択リストはIFレベルに応じた開放式です。

士官のオリジナル作成機能を利用して本編通常シナリオを始める「メイキングキャラクター参戦」では、作成士官が9名まで参戦できます。IFポイントは10万保有です。

「ガンダムパズル」は切り分けが正方形のジグソーパズルですが下絵は動画です。完成画はヘルプから閲覧できます。画面の流れが手掛かりになりますが、時間制限があるのでピースの一括、加速操作を駆使して何回か繰り返さないと難しいかもしれません。

セーブは無く電源リセットで初期状態に戻ります。通し9面構成ですが、ゲームオーバー面とクリア面は再挑戦できます。全クリア後に特典が画面表示されます。内容を少し書くと、モード選択時に主要な某ボタン一つを同時押しです。

総評としては、本編の評価が肯定的なら攻略指令書は必携ですが、本編を含めて煮え切らない感覚もあります。

シナリオ設定によっては選択不可の士官が多く出ます。オリジナル作成では容姿は汎用数種と全既存士官から選択可能です。譲れない場合は元グラフィックを使って偽者で代用する手もありますが、オリジナル編では敵士官離反が使えて、引き抜きではない辺りが象徴的です。

IF方式による制限なども方法論ではなく、プレイスタイル管理の様な空気感が先立つ辺りが見限られていく本質という気がします。

一転して個人の域になれば素材は活かし様次第でもあるので、遊びに乗るという意味で試しに超凄絶難易度を設定してみます。シナリオは一般兵器のみ生産可能な「敵のモビルスーツを奪え!」を選択します。

総大将はオリジナルにして能力値を全ゼロ、兵器士官配属なし、選択できる最高難易度Infinityのジオンタイプで覚悟を決めます。諜報部命令の敵兵器奪取に望みを掛けるしかありませんが、戦艦すら無配備で孤軍、絶望的です。容姿のグラフィックは当然あの人で決まりでしょう。グフフ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。