2010年04月05日

PS2ケーブル接続の変更

先日(近所で)セール品になっていたスイッチ付電源タップを購入しました。所有の薄型PS2の電源スイッチでは、スタンバイは可能ですが消電できないため、スイッチ付タップの導入で快適になりました。

電源タップの件で弾みが付いたこともあり、前後して気になっていたテレビ周りの接続変更にようやく取り掛かりました。PS2の接続ではD1端子も可能でしたが、状況としてはS端子接続が好都合でした。

画質の面では割り切りもあり、PS2の付属AVケーブルでも一応は間に合っていて特に要望も無いため、目先の実用性を取ってゲームテックの「S端子+AVケーブル」を約1000円ほどで購入しました。多機種対応ではないPS系専用の低価格品です。

黄色のピンプラグとS端子では、見て分かる程度に画質が変わることは以前から体験しているため驚くこともないですが、実際に使ってみると画質の総評としては、微妙なちらつきが解消し、色味はやや明るく、輪郭は明瞭となりました。

試遊には気分で対戦格闘タイトル全三系統とジオン独立戦争記を引っ張り出しました。ゲーム操作が可能な部分での流し見程度なので根拠もない印象ですが、まずカプコン クラシックス コレクションのストリートファイターII系では特に変化は感じられませんでした。

ヴァンパイアシリーズでは色味が良くなったと思えますが、ADVANCED V.G.2は初見のみ輪郭の明瞭化で解像度の粗さが素直に出たと感じました。今までは黄色ピンプラグの画質劣化が、ぼかしフィルターの代用になっていた訳ですが、予想以上に速く目が慣れたことは明瞭化で見易くなった結果と受け取っています。

ジオン独立戦争記では改善を期待する用件がありました。攻略戦ユニット選択時の簡易ステータス表示で耐久、物資の残量バーが発色不良でしたがS端子接続で解消しました。

接続変更により注意が向いたことで確認が取れましたが、以前の微妙なちらつきの解消が副産物となりました。ゲーム内容が戦略シミュレーションという事で動きの少ない画面を長く凝視するため、思う以上に効果があります。

実を言えばテレビ側に調整機能があれば、画質の違いはある程度埋めることができます。主にパネル周りに関係する、ちらつき、むら、(乱)反射などで見辛い場合は打つ手がほぼありません。

幸い古くはなっていますが、所有しているノングレア(非光沢)液晶搭載の国産品は今なお良好です。輝度やシャープネスを少し下げてややマイルドな画質で使用しています。

S端子ケーブルに変えて視認状況が幾分向上しましたし、物持ちが良い事も理由にしてまだまだ現行の据え置き用ゲーム環境で充分なようです。



タグ:ゲーム PS2
posted by 台場一 at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の話題+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。