2010年09月23日

パワーメモリーの不具合再襲

セガサターン本体のカートリッジスロットはセーブ保存用のパワーメモリーの他に、巷でROMカートリッジと呼ばれるタイトル専用カートリッジや、やや汎用性がある拡張RAMカートリッジ、拡張ラムカートリッジ4MBにも対応しています。

ゲームCDに加えて専用、拡張カートリッジが必要なタイトルでパワーメモリーを挿したまま起動すると、全ての場合では無いもののセーブテータに不具合が出る様です。以前の記事で少し触れたパワーメモリーの不具合では、当時の使用状況に心当たりがあります。表面上はセーブの一部消失で収まりましたが、全失の可能性もあるので流石に色々と試用する訳にはいかず、ひとまず現状維持、継続使用としました。

その後は稼動タイトルの都合で別の白色外装のパワーメモリーを使用していたため、一旦はセーブに異常の出た灰色外装のパワーメモリーは取り外していました。当初には消失セーブに対応したタイトルを順次稼動させることにして、手始めに横スクロールアクションを幾分再起させていましたが、一気にゲームクリアとなると簡単にはいきません。

一寸棚上げに傾いた再クリア行脚とは無関係に、少し気が移った野球ゲームを経由してやや手軽なところで、古典RPGを起動してみようと思い立ちました。セーブが置かれている白メモリーのままでも良かったのですが、他のタイトル稼動の時のメモリー差し替えを減らす目的で古典RPGのセーブを移すことにしました。

カートリッジスロットは一基なのでサターン本体のバックアップRAM経由で移送することになります。データ認識を含めてそれほど難も無く灰パワーメモリーへの差し替えを終え、本体RAMからセーブを移送した時に問題が起きました。コピー不能の表示が出たので、灰パワーメモリーの内容を確認するとセーブ名の文字化けと容量表記の異常値が結構派手に新規出現していました。

以前に控えておいた各セーブの概略に照らし合わせると新たな消失は無い模様でしたが書き込み時に不具合となると、既存セーブの破壊も有り得るのでメモリーの初期化が選択に入ってきます。

灰パワーメモリーはセーブ保存の本丸のため数多のセーブがあり、退避させるには白メモリーの空きは不充分でしたが幾分かのセーブ消去には逡巡がありました。手近に、他所から故障機と共に出戻っていたパワーメモリーがある事を思い出し、空き容量の確認に入りました。

第三の白メモリーを挿して起動を掛けて見ましたが、以前と同様に端子へ鉛筆処理を施すことでメモリー自体は認識しました。何度か試すも、容量が異常値となりセーブデータは確認不能でした。処置は一択となり先に第三の白メモリーを初期化する運びになりました。保存されていたはずの他所様側の対戦用セーブなどと引き換えに、保存容量上の心配は無くなり灰パワーメモリーの残存セーブの移送作業に進みました。

パワーメモリーの容量は本体RAMの16倍ですが、以前の消失の影響で使用量自体は容量の約半分でした。セーブの移送に約9セット、往復で約18セットの抜挿になりましたが途中で認識不良は一度も起こらず、見違えるような安定度でした。灰パワーメモリーの初期化、セーブの書き戻しを滞りなく終え、今のところ状態は良好です。

唯一セガラリー・チャンピオンシップで過去最速の自車を出現させるゴーストカーのデータが977で本体RAMの容量を超えており移動できないため、止むを得ず消去しました。容量の表記は推計で64バイト単位となっており、本体RAMの容量は32Kバイト、表記に直すと数字上は最大値が512ですが、幾分システムで使用している様で、実値での空き容量は461でした。

パワーメモリーでは512Kバイト、表記で数字上は8192ですが実値は8000弱になりました。ファイル管理で余分に使用する様で、基本的にセーブ使用量に幾分加算された容量を消費します。

ようやく古典RPGのセーブを灰パワーメモリー側に移動させましたが、元の白メモリー残量の少なさが改めて不審に思えたので、後日、白メモリーの初期化のため同様の作業を通してみると正常残量に復帰しました。近々のセーブ書き込みで異常が表面化したのかもしれません。

一連の不具合は消失が出た初の事例でしたが、結果的にパワーメモリーのリフレッシュになりました。けしからん問題には断固とした措置をとるべく、全ての責があるサターン一同には今後も末永く粛々と優先座席に鎮座してもらうことにします。くくく。

追記です。時事問題に引っ掛けたつもりの部分を却下しました。事態が急転して冗談にもなりません。



posted by 台場一 at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の話題+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。